Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

ソロ、「カルメン・マキ&タイムマシーン」、「カルメン・マキ&ブルース・クリエイション」を経たカルメン・マキは、1972年には当時18歳であったギタリストの春日博文らとともに「カルメン・マキ&OZ」を結成。メンバーは、春日博文(ギター)、鳴瀬喜博(ベース、後にカシオペア加入)、樋口晶之(ドラムス、元竜童組)。

後に絶対的な評価を受けるグループに成長していくのだが、結成当初は順風満帆とは言えず、所属事務所からはキャバレー回りを強要され、時には客から「こんな曲では踊れない」とビンを投げつけられることもあったと言う。

しかし、こうした地道な活動が実を結び、1974年にポリドールからシングル『午前一時のスケッチ』でデビュー。翌1975年1月にはファーストアルバム『カルメン・マキ&OZ』をリリース。高い音楽性と完成度、そしてマキの歌唱力は高い評価を得、10万枚以上を売る当時のロックアルバムとしては大ヒットとなった。これは、当時のロックが日本の音楽業界ではほとんど相手にされていなかった事を鑑みれば快挙とも言える。また、同年リリースされたサディスティック・ミカ・バンドの「黒船」とともに、当時の日本のロックの到達点とする評価もある。特にこのアルバムに収録されている約12分にも及ぶ大作『私は風』はのちにさまざまな歌手、ミュージシャンにカバーされ、その中でも特に中森明菜のものが有名である。

なお、この録音前後にマキ、春日以外のメンバーが総入れ替えとなっている。ドラムは西哲也、古田宣司の1stアルバム参加を経て、内藤正美が1975年末まで在籍。ベースは千代谷晃を経て、1stアルバム録音の後から、後期OZの音に決定的影響を与えた川上茂幸に替わった。

1975年5月、グランドファンク・レイルロードの来日公演で競演。

人気・地位を確実なものとしたOZは、1976年にアメリカ合衆国のロサンゼルスでセカンド『閉ざされた町』を四ヶ月かけて制作。ファーストに引き続き『閉ざされた町』や『火の鳥』といった大作路線を継承しながらも風格を漂わせたものに仕上がっている。翌1977年の10月18日新宿厚生年金会館でのステージを最後に解散。その年の12月にはサードアルバム『Ⅲ』を発表。前二作とは打って変わってポップな楽曲が並んだ為に現在まで評価が分かれたものとなっているが、むしろ切々と歌い上げるマキの持ち味が発揮された好盤と言える。 また解散の翌年8月にはシングル盤として『私は風』、そして10月の解散ステージと同年5月の日比谷野外音楽堂のライブ音源を収録した『ライヴ』がリリースされている。『Ⅲ』『ライヴ』録音時のメンバーはマキ、春日、川上、武田治(Dr)、川崎雅文(Kb)であった。

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

API Calls