Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

生年月日:1969年11月27日
身長:164cm & 血液型:AB型
家族事項:3女のうち長女
デビュー1991年グループ‘見知らぬ人たち’のメンバー
1995年第1集アルバム『私は幸せ』
趣味:絵を描くこと、映画鑑賞、音楽鑑賞
特技:ピアノ演奏 & 作詞
別名:サザエの貝殻
癖:歌うときしかめ面をする
理想のタイプ:堅実で面白い男性
座右の銘:きょう一日熱心に、あしたもすぐにきょうになる
魅力ポイント:ハスキーな声
親しいスター:キム・チャンフン、イ・ムンセ、チョ・ギュチャン、キム・ヒョンチョル
放送作品:2005年ドラマ『愛もリフィルできるの?』出演、MBCFMラジオ『イ・ソラのFM音楽都市』、MBCFMラジオ『イ・ソラの午後の発見』、1999年度~KBS『イ・ソラのプロポーズ』/発売アルバム2009年1月イ・ソラ第7集、2004年12月第6集『眉月』、2002年10月第5集SoRa`s 5 Diary、2000年12月第4集『花』、1999年イ・ソラbestアルバム、1998年5月第3集『悲しみと憤怒に関して』、1996年12月第2集『映画のように』、1995年9月第1集『私は幸せ』

歌手イ・ソラ。‘彼女’と言えば、いつもほのぼのとした感じや特有の笑い声が連想される。まるで隣のお姉さんのような…
イ・ソラ、彼女を好きな多くのファンたちは、彼女の声を愛する。独特の声と丸い顔、誰に対しても十分な品性。トークをしても誰かと話を率いていく彼女はまったく繊細さというものはないように見える。げらげら~誰でも包み込むような彼女の姿と音楽は、それで異色的な魅力がある。イ・ソラの音楽は、おとなしく弱い女性の心をいっぱいに込めた。それで音楽においては天上の女であり、鋭敏な女である。彼女の音楽に一様に溶け込んでいるこのような感じはファンたちにそのまま伝わり、共に悲しんで泣き、涙をふく。

イ・ソラの音楽はサッと一つの単語で定義しにくい。彼女の第1集のタイトル『私は幸せ』が鳴り響いたとき、人々は彼女を声楽を専攻した女性歌手だと思っただろう。それだけ音域は高く深く切々としていた。出て行く男の後ろで「それでも私は幸せ~」と泣き叫ぶような彼女の音色は非凡だった。

翌年の96年第2集。イ・ソラだけのバラードの色を持っている『記憶してくれ』、軽快な感じのボサノバである、長い時間が流れた後にも多くのカップルたちにプロポーズの歌として愛されている『請婚(プロポーズ)』が誕生する。『信頼』をタイトル曲に掲げた第3集は、イ・ソラの前作とは異なった姿を確認することができるアルバムでもある。タイトル曲である『信頼』やキム・ミンジョンと共にした『私たち再び』が既存のイ・ソラの音色を好んでいたリスナーたちに愛される曲であるなら、後半に載せられた『被害意識』や『Curse』のような曲はソフトなイ・ソラのボイスカラーを待っていた人たちには意外な曲となることもある。破格的であるというほど自分の心の中に内在していた‘憤怒’を表現したりもした後半のトラックは、荒いながらもイ・ソラの他の姿を確認することができたりもする。2000年12月に発売した線の太い魅力を持っているイ・ソラの4番目のアルバム。タイトル曲『どうか』をはじめとして、美しい愛の言語を込めた曲が収録され、多く愛された。このアルバムはキム・ヒョンチョルのプロデュースとチョ・キュマン、イ・スンファンなどが参加してさらに輝いたが、彼女も実際に大変な別れの後に出したアルバムで、立つ舞台ごとに渾身の力を傾けて悲しみを表現する彼女の姿が気の毒なほどまでだった。続いて発表した第5集は、それほど反応が良くなかったが、まもなく6番目のアルバム眉月でイ・ソラだけの音楽を再確認させてくれた。特に第6集はカン・ヒョンミン、スイートピー、チョン・ジチャン、シン・デチョルなどが参加し、成熟した音楽を披露した。

彼女の歌は決して易しくない。歌詞はもちろんであり、メロディまでも。しかしながら、彼女の音楽は人々を魅了する。長い間人々の心をつかんで忘れることができないようにする。特に若い歌手イ・スヨンやイ・スンギがリメイクしたりもしたイ・ソラの『どうか』は、胸をほじくる。本当にあの女性歌手が誰かを愛したのだな…と切々と感じさせてくれる。

数年ぶりに登場した2009年発売の第7集! まずこのアルバムはタイトルもない。ましてや歌のタイトルもない。レビューには「歌を聴く人が歌の名前を付けて聴け」と命名(?)されている。どんなミュージシャンが、どんなアーティストがこんな発想をすることができるだろうか! 彼女のように夢幻的で本当に歌だけで!音楽だけで!私たちを幸せにする女性歌手が韓国に何人いるだろうか。歌を歌うとき、あらゆる真心を込め、力を込めて歌う…胸に迫る痛みの表情と歌の深み。自分の感情そのままで自分の型を作って歌う彼女があまりにも愛らしい。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

注目の記事

API Calls