YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

関連のあるタグ

The Vines はオーストラリア、シドニー出身の ロックバンド。 90年代にクレイグ・ニコルズ(Craig Nicholls/guiterist, Vocal)、 パトリック・マシューズ(Patrick Matthews/Basist) そしてデビッド・オリフィ(David Oliffe/Drumer) がバイト先のシドニー郊外のマクドナルドで出会いNirvanaのカバーバンドを組んだことからはじまる。バンド名のThe Vinesはニコルズの父が組んでいたシドニーのバンドのthe Vynesから命名された。

いくつかの雑誌での派手な先行プロモーションの後にファーストアルバム『Highly Evolved』(商業的にうまくいっているが音楽批評誌には批判的に受け取られている)をリリースした。 『Highly Evolved』の成功によってニコルズは次世代のカート・コバーン(Kurt Cobain)として迎えられるようになった。 しかし、それらの成功がバンド内に何らしかの緊張を起こしました。1stアルバムを収録中にデビッド・オリフィはバンドを脱退し、ドラマーに現在のメンバーであるハミシュ・ロサー(Hamish Rosser)が、さらにアコースティックギターにライアン・グリフィス (Ryan Griffiths)新たに加入した。 2004年にヒットシングルRide(iPodのCMソング)が収録されている2ndアルバム『Winning Days』がリリースされた。しかしながら、また前と同じように音楽批評誌では酷評に晒された。

またこの時期のニコルズの不安定で突拍子もないライブパフォーマンスとインタビューによってバンドの人気は低下していった。(2004年5月、初の日本公演を行うがニコルズが「fuckin hate japan」「fuck you all」などの暴言を並べ散々な結果に終わる。のちにニコルズは謝罪) ニコルズは後にアスペルガー症候群で自閉症の一種と診断されました。バンドは一時的な休止状態になり、 この間にパトリック・マシューズはThe Vinesを去り、オーストラリアの別のバンドのYouth Group… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

Last.fm にログイン または 登録 するとシャウトを投稿できます。

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls