プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)はイギリスの2人組バンド。1980年代に数々のヒット曲を放った。

初期はシンセサイザーを多用しながらアコースティックな印象すら与えるたおやかな音使いをしており、当時流行したエレポップと呼ばれる音楽性の範疇にありながら、歌詞の繊細さとよくマッチしたサウンド・メイクが特徴となっている。やがてローランド・オーザバルのギターサウンドを核に、王道とも呼べる良質なブリティッシュ・ロックを聞かせるバンド・サウンドへと変化していく。

心理学者アーサー・ヤノフの著書「原初からの叫び(Primal Scream)」に登場する章題からそのまま取られている。直訳すれば「恐れのための涙」。ヤノフの提唱した心理療法である原初療法(ジョン・レノンらも受けたと伝えられる)は「恐怖や心の痛み(Pain)を心にしまわないで、子供のように声に出して叫べ、泣け」というもの。ティアーズ・フォー・フィアーズの初期の歌詞に「Shout」「Pain」という言葉が頻出するのはそこから来ている。

両親の離婚に伴いポーツマス (イングランド)からバース (イギリス)へ移り住んだローランド・オーザバル(Roland Orzabal)は、同じく離婚家庭に育ったカート・スミス(Curt Smith)と13歳のときに出会い、一緒に音楽活動をするようになる。この両親の離婚、残された子供たちの心の痛みと悲嘆というテーマは、ティアーズ・フォー・フィアーズ初期の活動に重要な影響を及ぼしていく。

ティアーズ・フォー・フィアーズ始動以前に彼らが結成したバンドにはグラデュエイト(Graduate)、ネオン(Neon)、ヒストリー・オブ・ヘッドエイクス(History of Headaches)等がある。グラデュエイトはモッズ・スタイルのスカ・バンドであり、スペインでスマッシュ・ヒットを出し、アルバム… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

コメントをどうぞ。 Last.fmにログインまたは登録

  • Raoul and the Kings of Spain, one of my favourites albuns
  • Just listened to 'Songs From the Big Chair' on vinyl ... sounds magnificent.
  • This is the working houuur....
  • hinonos
  • Sexy
  • we are dfhk - decay force hong kong. https://www.youtube.com/watch?v=PsD16xcvEVA
  • Elemental
  • mt afu
  • Amo
  • teras for feras

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls