YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

関連のあるタグ

スザンヌ・ヴェガ (Suzanne Vega、1959年7月11日 - )は、カリフォルニア州サンタモニカ出身の女性シンガーソングライター。

生まれてまもなくして母に連れられニューヨークへ移り、多くの社会的問題を抱えた地域で子供時代を送る。母の再婚相手がキューバ系で姓がヴェガであったため、以後その姓を名乗るようになる。9歳の時に詩を書き始め、14歳の時に作詞を始める。その後、ラガーディア高校(Fiorello H. LaGuardia High School of Music & Art and Performing Arts)で、モダンダンスを学び、この時に音楽こそが自分の求めるものだと気づく。そこを1977年に卒業すると、コロンビア大学バーナードカレッジで英文学を学ぶ傍ら、グリニッチ・ヴィレッジの小さな劇場などに立つ。1984年にレコード会社との契約を結ぶ。

1985年にデビューアルバム「Suzanne Vega」を発表し、その自己内省的社会批判を含んだ曲は、アメリカにおいて好意的な反響を得る。

1987年には「Solitude standing」を発表、その中の「Luka」という曲は、児童虐待を受ける子供の視点から書かれており、当時のヒットソングとしては、特異な位置を占める。ちなみにこのレコードに含まれる曲「Tom’s diner」は、世界で最初にMP3フォーマットになった曲でもある。このころから彼女のスタイルは、ロックへと近づくことになる。

3枚目のアルバム「Days of open hand」は、彼女にとって新境地を開かんとするものであった。神秘的シンボリズムと感情の深遠を表現しようとした試みは、非常に実験的な試みであり、彼女の更なるスタイルの変化を表したものであった。

1992年、「99.9°F」では、音楽的にフォークとダンスビート、そしてインダストリアルの融合であり、内容的に明るいイメージを伝えており、それ以前のアルバムとは対照的なつくりとなっている。

5番目のアルバム「Nine… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

Last.fm にログイン または 登録 するとシャウトを投稿できます。

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls