YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

関連のあるタグ

ストーン・テンプル・パイロッツ(Stone Temple Pilots)は、アメリカのロックバンド。通称は「ストテン」「STP」など。   90年代のグランジブームの代表的なバンドの一つ。デビュー当時は、ブームの先達と共通する音楽性から「クローンテンプルパイロッツ」と揶揄されることもあったが、若者の圧倒的な支持により大きな成功を収めた。      1990年代初頭、ロサンゼルスでボーカルのスコット、ベースのロバートが中心となり「Mighty Joe Young」を結成。後にギターのディーン(ロバートの兄)、ドラムのエリックが加わり「Stone Temple Pilots」と名前を改める。   サンディエゴのクラブ・シーンでパワフルなライブパフォーマンスが評判を呼び、アトランティックレコーズと契約を交わす。レッド・ホット・チリ・ペッパーズやパール・ジャムとの仕事で知られるブレンダン・オブライエン(結局最後まで彼らはブレンダン以外のプロデューサーを使わなかった)を迎えて製作された1992年発売の1stアルバム"Core"はビルボードチャートの2位を記録する大ヒットとなり、'Plush'や'Sex Type Thing'といったシングルヒットも出した。   1994年、2ndアルバム"Purple"でニルヴァーナ、パール・ジャムの二番煎じバンドといった揶揄を吹き飛ばし、アルバムはビルボードの1位を記録したが、アルバム発表直後、スコットがドラッグ不法所持で逮捕。この時からカリスマ性のあるフロントマン、スコットと他の三人の溝が生まれる(そして結局はおそらくそれが終焉の原因となった)。   そういったいわばピリピリしたバンド内の人間関係のまま製作された1996年発表の3rdアルバム"Tiny Music…Songs From The Vatican Gift Shop"は同じ屋根の下で生活しているにもかかわらずスコットと3人が顔を合わせないという異常な状況で製作された。   そういった状況にもかかわらずバンドはヘヴィ一辺倒(元々メロディを大事にするバンドだった)から一歩抜け出し円熟した楽曲でアルバムはチャートの4位を記録する大ヒットとなるが、バンド内の亀裂は深く、逮捕-刑務所を繰り返すスコットに業を煮やした3人は無名のヴォーカリストを加え「Talk Show」というスコット抜きのSTPを始動。さらにスコットの方もソロアルバム"12 Bar Blues"を発表、もう両者の溝は修復不可能なように思われた。   しかし、「STP以上のパワフルな興奮が得られない」事に気づいた両者は関係を修復し、1999年、4thアルバム"No… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

近日開始予定 - シャウトへの返信・投票機能がつきました! 有料メンバーなら一足早く利用開始 できます。新機能の情報は こちらから

Last.fm にログイン または 登録 するとシャウトを投稿できます。

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls