YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

関連のあるタグ

1981年、コネチカット州ノーフォークで結成。   90年代に発表された楽曲の多くはオーソドックスなアメリカン・ハードロック、メタルサウンドが主流である。 「She's Gone」、「I'll Never Let You Go」、「All Your Love」等に見られるように、壮大なバラードソングに定評がある。 最大の特徴として、バンドリーダーでボーカルのマイク・マティアビッチ (現・ミリェンコ・マティアビッチ)による、4オクターブを越える勢いの驚異的ハイトーンボイスと、高い歌唱力が挙がる。   1990年、アルバム『STEELHEART』でデビュー。初日に日本で33,000の売り上げを記録し、早くもヒットする。収録曲からシングルカットされた名バラード『She's Gone』はインターナショナルチャートで1位記録した。   1992年、2ndアルバム『TANGLED IN REINS』を発表。その後ライブツアーを慣行するも、1993年のライブ中にヴォーカル担当のマイク・マティアビッチが照明器具の落下に巻き込まれてしまうという事故が発生したため大怪我を負い、長期の療養が必要となった。 これによりバンドの中心人物を失い、活動を休止をせざるを得なくなった。   1996年、3rdアルバム『WAIT』を発表。マティアビッチが療養中に様々なトラブル、苦難と闘いながら書き上げた楽曲が主になっている。 このため、楽曲全体に哀愁的な雰囲気が漂っている。また、当時流行していたグランジ的な楽曲も多く含まれており、今までの作品とは音楽性が大きく異なっている。 また、この間マティアビッチ以外のオリジナルメンバーは皆諸事情によりバンドを離脱しており、このアルバムは実質的にはマティアビッチのソロ作品であるといえる。   2008年、4thアルバム『GOOD 2B ALIVE』を発表。90年代に作成された楽曲とは音楽性がガラリと変わっている。また、オリジナルメンバーであるクリス・リゾーラがバンドに復帰している。

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

Last.fm にログイン または 登録 するとシャウトを投稿できます。

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls