YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

ニール・ヤング(Neil Young, 1945年11月12日 - )は、カナダ・トロント出身のシンガーソングライター。クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングやバッファロー・スプリングフィールドのメンバーとしても活躍。1969年にソロデビューし、1995年にはロックの殿堂入りを果たした。

いわゆる「ウッドストック」世代の1人として、アメリカ国内の保守化や右傾化に対して「異議申し立て」の姿勢を貫いている。1990年の湾岸戦争の際には、コンサート会場でボブ・ディランの「風に吹かれて」を歌い、また2001年の「9月11日事件」直後には、放送が自粛されていたジョン・レノンの「イマジン」を敢えて歌った。そしてイラク戦争後は、ブッシュ政権打倒の姿勢を鮮明にしている。

同世代のミュージシャンから後進の若いミュージシャンたちまで、交友範囲は広い。ただ、それだけに、音楽界での悲劇的な死の多くを見つめ続けてきた。また、ニルヴァーナのカート・コバーンの自殺にも深く心を痛めた(コバーンの遺書にはニールの歌詞の一節が引用されていた)。

ソロ活動で行動を共にすることが多いのが、クレイジー・ホース(Crazy Horse)である。もともとは6人編成のバンドだったザ・ロケッツから、ダニー・ウィットン(ギター)、ラルフ・モリーナ(ドラムス)、ビリー・タルボット(ベース)の3人がニールに見初められて、彼のバックバンドとしてクレイジー・ホースが結成された。しかし、1972年12月、ギタリストのダニーが死亡したため(ヘロイン中毒のため)、新メンバーとしてギタリストのフランク・サンペドロが加入した(なお、ニールとの活動とは別に、クレイジー・ホースとしてのアルバムも発表している)。

しかし、このクレイジー・ホースとともに作り出す、ハードで豪快なロック・サウンドが、ニール・ヤングのすべてではない… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

コメントをどうぞ。 Last.fmにログインまたは登録

  • @madboy It is a great song. Everybody remembers "Streets of Philadelphia" by Springsteen from the soundtrack (and rightly so, it is a very good song), but NY's contribution is a classic, too. Heartbreaking and beautiful.
  • I forgot how heartbreaking and beautiful his song "Philadelphia" is.
  • "Godfather of grunge" is a huge understatement. It's safe to say that Neil Young, much like The Velvet Underground, influenced the entire american alternative/indie scene.
  • clean
  • i created a tidal account only for listening to neil young again
  • It's better to burn out, than to fade away.
  • „Godfather of Grunge“
  • Happy Birthday, Neil

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls