YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

関連のあるタグ

この騒がしい時世に、ゆったりとした雰囲気を持ち、歌うことで国民の関心を惹くことのできる人物など滅多にいない。だが。2006年の終わりに遡ってみると、レオナ・ルイスが毎週そんな時間を我々に与えてくれていた。登場したときからずっと『The X-Factor』(イギリスの人気オーディション番組)の本命だった彼女は、TVのタレント・コンテストという枠組みをはるかに超えて大絶賛を浴びていた。 抑揚のある声に恵まれ、心臓が止まるかと思うような激しさだけでなく遊び心溢れる軽いタッチもこなせるレオナ。現在23歳、イーストロンドン/ハックニー出身のレオナは、タレントショーでよく見る優勝者達とはまるで違っていた。 ファイナルの前にもかかわらずアメリカ音楽界の大物クライヴ・デイヴィスがサイモン・コーウェルに電話で「きみは次のホイットニー・ヒューストンを手中にしているかもしれない」と言い、サイモンは「なんて魅惑的だ……こんなに凄いなんて信じられなかった」と次々に口にし、人々はレオナをホイットニー・ヒューストンやマライア・キャリーと比べるようになった。 2006年12月、『The X-Factor 2006』優勝直後にリリースされ、その年のクリスマスNo.1ヒットとなったデビュー・シングル「A Moment Like This」(ケリー・クラークソンのカバー)が、発売30分でその年の最高ダウンロード数を記録。1週目だけでシングルが60万枚以上の売り上げを記録し、女性アーティストのデビュー・シングルとしてはUK史上最速のセールス新記録を打ち立てる華々しいデビューを飾ったレオナだったが、その後1年間に渡り、リリースや宣伝広告もなく、真の意味でスーパースターとしての地位を確立するために、表舞台から姿を消した。 2007年2月にアメリカへ飛んだレオナは、クライヴ・デイヴィスが主催したショーケースでパフォーマンスを行った。そして世界でも名高いソングライターやプロデューサーたちの心をつかみ、ロンドン、アトランタ、マイアミ、ロサンゼルスといった場所で、選りすぐりのスーパー・ヒット・プロデューサー達と共に、じっくり時間をかけてデビュー・アルバムのレコーディングに打ち込んでいたのだ。 「スタートはロンドンでSteve Macと一緒だった」 ケリー・クラークソンからマライア・キャリーといった数々のスターたちを手掛けてきたUKポップス界の大物の名前をあげてレオナは話す。 「それからアトランタではDallas Austin、LAではSoulshock and CarlinにJam and… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

近日開始予定 - シャウトへの返信・投票機能がつきました! 有料メンバーなら一足早く利用開始 できます。新機能の情報は こちらから

Last.fm にログイン または 登録 するとシャウトを投稿できます。

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls