プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

We’re currently migrating data (including scrobbles) to our new site and to minimise data disruption, we’ve temporarily suspended some functionality. Rest assured, we’re re-activating features one-by-one as soon as each data migration completes. Keep an eye on progress here.

コルトレーンとブレッカーの間に位置する新主流派のテナー・マスター 

 マッコイ・タイナーの『リアル・マッコイ』やピート・ラロカの『バスラ』といった60年代のブルーノート新主流派の作品で印象的なソロを聴かせたヘンダーソンだが、そのコンセプトは骨太であり、決して薄口ではない。音を丁寧に紡いでいきながら演奏を前に進めていくやり方で、その味付けは濃い。ウェイン・ショーターとは流れを異にし、ジョン・コルトレーンとマイケル・ブレッカーの真ん中あたりとでも言いましょうか・・・・・。ボソボソと口ごもりながらしゃべっているようなトーンとフレージングにとっつきにくさを感じる人もいるでしょうが、よくよく聴いていくと、独特の“ヘンダーソン節”を交えながらウネウネと続く旋律は、以外にもハードで新鮮なものであることに気付く。
Dr.NAKAJIMA著

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

コメントをどうぞ。 Last.fmにログインまたは登録

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls