プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

ファウスト (Faust) は、1971年に結成されたドイツのロックバンドである。 4枚のアルバムを発表して解散したが、1980年代後半から再活動をしている。ドイツよりイギリスで高く評価されているバンドで、現代のノイズミュージックやインダストリアルミュージックの源流のひとつとみなされている。ファウストとは、ドイツ語で拳骨の意味。

ファウストの仕掛け人は、音楽ジャーナリストとしてキャリアのあったウーヴェ・ネテルベック(Uwe Nettelbeck)である。かれはファウストのプロデューサー・マネージャー・コンセプトデザイナー・作詞者として重要な役割を果たした。1971年、カンなどが人気を博し、クラウト・ロックへの投機的価値が高まっていた中、かれはドイツ・ポリドールとの契約において制作費込みで約30万マルクという破格の契約金を勝ち取った。そして6人の若いミュージシャンたちとともに北ドイツのヴュメの廃校にこもり、幾多のセッションを録音した。

同年秋、ファーストアルバム『ファウスト(Faust)』を発表。透明のプラスチックジャケットに拳骨のレントゲン写真をプリントし、透明のディスクを収めるという凝ったデザインを施したアルバムだったが(コンセプチュアル・アートとの関連を想起させる)、ドイツ国内で1000枚も売れなかったという。翌1972年、黒ずくめのジャケットに楽曲ごとのコンセプト・イラストを収めた2nd『ソー・ファー(So Far)』を出したが、これも商業的不成功に終わり、ポリドールとの契約は終了する。

その後、イギリスの新興プログレッシブ・ロック・レーベル、ヴァージン・レコードと契約、1973年に未発表曲を絶妙にコラージュしたアルバム『テープス(Tapes)』をシングル盤と同じ値段で発売した。これはイギリスのLPチャートのトップ10に入るヒットとなった。しかし、メンバーはこれはデモテープであり、作品として受け止めないでほしいと訴えていた。その後アメリカの実験映画作家でミニマリストのトニー・コンラッドとの共作アルバムを発表したのち、4th『IV』(1973年)を発表。このアルバムも商業的不成功に終わり、ヴァージンとの契約も終了、長い沈黙の期間に入る。しかしそのあいだもレコメンデッド・レコーズのサポートにより、細く長く作品を流通し続けた。

イギリスのカンタベリー・ミュージック・シーンとのつながり、とくにスラップ・ハッピーとの交流はよく知られている。沈黙中に幾多の… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

コメントをどうぞ。 Last.fmにログインまたは登録

  • why does Why Don't You Eat Carrots? not have any coverart it makes me sad
  • @MisterJunior Might've remembered back when you asked but unfortunately, you know. Probably another kraut rock band.
  • Congratulations, this artist is really obscure, but what about you - dear listener - do you also have an obscure music taste to survive in our game called [url=http://www.last.fm/group/Obscure+Music+Game]Obscure Music Game[/url]? Find it out and join us!
  • @RomanyDagger It looks like he deleted his comment. Which group was he comparing Faust to?
  • @trillwave yeah but Faust seems to be a bit more diverse in what sounds they can make - in addition to those sounds being more enjoyable (in my opinion). Both are awesome though.
  • Faust IV is the sickest sh!t I've ever done heard
  • le cul dans les fourmis, le nez dans les étoiles
  • If anyone's looking for a book on Faust beyond what was written about them in Krautrocksampler, Krautrock: Cosmic Rock and Its Legacy and Future Days: Krautrock and the Building of Modern Germany, I'd recommend Faust: Stretch Out Time 1970-1975 by Andy Wilson. Obviously as you can tell from the title it deals with the first phase of Faust's career. Wilson does a good job of discussing each of the albums, Faust's significance within the music world at the time and in the present day and gets some interesting quotes from some of the band members. It's not the most scholarly thing in the world and Wilson admits to writing for the most part from the perspective of a big fan of the group, but he's not afraid to bring up what he feels are legitimate criticisms of the band. Worth picking up if you're interested in the early days of one of music's most creative and mysterious bands.
  • and at the end realize that nobody knows if it really happened
  • jUSt

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls