YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

関連のあるタグ

クリームはジャズでありハードロックだ!

–名うてのプレイヤー3人が繰り広げる、 ブルースを触媒にした長時間のインター・プレイは、まさにジャズ。 そしてアンプを壁のように並べ立てる大音量での演奏は、 HM/HRのルーツとなったのだ。

エリック・クラプトン(g)、ジャック・ブルース(b)、 ジンジャー・べイカー(dr)という英国ミュージック・シーンを代表するスターが集結したクリームは、 当時からスーパー・バンドと騒がれた。 クラプトンの“ウーマン・トーン"と呼ばれる優しいタッチの奏法、 ブルースのギター・ソロとみまごうほどテクニカルなリード・ベース、 そしてスピード・メタルも真っ青なベイカーの自由奔放2バス・ドラミング

–これらの要素がくんずほぐれつしながら、 激しいインプロヴィゼーションを展開していく。 それはヴォーカル主体による旧来のロックのフォーマットに、 大きな風穴を開けたのだった。 しかし、彼らがクレバーであったのは、 ライヴとレコーディングにおけるスタイルの使い分け

–ライヴの即興演奏とは打って変わり、 シングルではメロディ重視のサイケデリック・ポップを披露。 「ホワイト・ルーム」「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」などのヒットを生み出したのだ。 66年から69年、たった3年という短い活動期間で ロック・ミュージックのさまざまな可能性を導き出したクリームは、 ロック史における最重要グループの1つであろう。

商業的な成功も収めており、3rdアルバム「Wheel Of Fire」は全米一位、全英三位と大ヒット、カナダとオーストラリアでも一位に輝いている。

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

Last.fm にログイン または 登録 するとシャウトを投稿できます。

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls