YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

関連のあるタグ

チルドレン・オブ・ボドム(Children Of Bodom)は、フィンランドのメロディックデスメタルバンド。通称チルボド、COB。

北欧系デスメタルの系統に入るが、デスヴォイスに、アレキシのギターとヤンネのキーボードの速弾きを中心にしたリフやソロが上に載るスピード感のあるクラシカルなメロディックデスメタルの楽曲を発表している。

1960年にヘルシンキ近くのボドム湖で実際に起こった殺人事件(ボドム湖殺人事件)がバンド名の由来である。4人の若い男女が湖畔でキャンプをしていたところ3人が斧で惨殺され、残る一人も発狂してしまった。2005年に残る一人が犯人であるとされ逮捕、裁判となるが無罪判決を受けており、依然として謎に包まれた事件である。

1993年に結成されたINEARTHEDがバンドの原形になっている。中心メンバーは、アレキシ・ライホ(Vo/g)とヤスカ・ラーチカイネン(Dr)。バンドがデビューする時にチルドレン・オブ・ボドム(CHILDREN OF BODOM)に改名した。初期のメンバーは安定してなかったが、 ヤンネ・ウィルマン(Key)が加入する事で一応の安定を見る。

1997年、スパインファーム・レコードと契約し、アルバム、『Something Wild』でデビュー。その中からシングルカットされた「Children Of Bodom」は、フィンランドのレコードチャートで10週連続1位を獲得した。

1999年に川崎クラブチッタと大阪で行われたスウェーデンのメロディックデスメタルバンドイン・フレイムス(IN FLAMES)のライブのサポートバンドとして、日本でライブを行っている。そのライブスタイルは、速弾き主体でアンサンブルが崩れがちだがパワフルでスピード感にあふれるモノであった。

2001年には、ダーク・トランキュリティ(DARK TRANQUILLITY)と共に再来日している。

2003年、アレクザンダー・クオファラがツアーに対する疲れにより脱退。その後、元ストーン、ワルタリのギタリストで、アレキシと共にシナジーに在籍しているローペ・ラトヴァラをサポートに迎え活動を継続。当初、アレキシは「2つのバンドでギタリストが同じ… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

Last.fm にログイン または 登録 するとシャウトを投稿できます。

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls