YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

関連のあるタグ

ビョーク(Björk Guðmundsdóttir、1965年-)はアイスランドの女性歌手、シンガーソングライター、作曲家、女優。エレクトロニックをベースに様々なジャンルを横断した実験的な作風を特徴とし、多くのアーティストから尊敬を集めている。グラミー賞をはじめとする音楽賞に何度もノミネートされているほか、女優としてもカンヌ国際映画祭の最優秀女優賞を受賞している。

【ディスコグラフィー】 * Debut (1993) * Post (1995) * Homogenic (1997) * Vespertine (2001) * Medúlla (2004) * Volta (2007) * Biophilia (2011) (※The Sugarcubes解散後のスタジオ・アルバムのみ) この他、サウンドトラック、リミックス・アルバムなど多数。

【経歴】 ヒッピー・ムーブメントに影響を受けた両親の元に生まれ、幼少期は音楽学校でフルートを学ぶ。

1977年(12歳当時)、アルバム『Björk』でデビュー。このアルバムはアイスランド国内で爆発的な人気を博す。

10代の頃はパンクに影響を受け、Tappi Tíkarrassなど、いくつかのバンドを結成した。

1983年、無政府主義を掲げるゴシック・パンクバンドKUKLを結成し、3枚のスタジオ・アルバムを発表する。

1986年、レーベルの閉鎖などにともなうKUKLの解散、再結成などを経て、オルタナティブ・ロックバンドThe Sugarcubesを結成。3枚のスタジオ・アルバムを発表するかたわら、いくつかのサイドプロジェクトにも参加。ジャズ・バンドTrio Guðmundar Ingólfssonarとコラボレートした『Gling-Gló』などを残している。

1992年、The Sugarcubesが解散。以後、ビョークは主にソロとして活動することとなる。

1993年、『Debut… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

Last.fm にログイン または 登録 するとシャウトを投稿できます。

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls