YouTube video
にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

関連のあるタグ

ベン・ハーパー(Ben Harper、1969年10月28日-)は、カリフォルニア州生まれのアメリカ合衆国のミュージシャンである。本名ベンジャミン・チェイス・ハーパー。

ベン・ハーパーはホームタウンのクレアモントで幼年期からギターを演奏して腕を磨き、スライドギターのプロとなる。デビュー前にハーパーは、ギタリストのトム・フロインドと共にLP("Pleasure and Pain")を録音し、限定版LPとして販売した。これがきっかけとなってヴァージン・レコードと契約を結び、1994年にデビュー・アルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・クルーエル・ワールド』(welcome to the Cruel World)をリリースした。

1995年にリリースされたセカンドアルバム『ファイト・フォー・ユア・マインド』(Fight For Your Mind)がカレッジ・ラジオで注目を集め、彼の人気が急増する。

1999年にサンタバーバラにある競技場(Santa Barbara Bowl)で当時無名のジャック・ジョンソンと出会う。ハーパーはジョンソンの12個のデモテープを彼のプロデューサー(J.P.Plunier)に聞かせ、ジョンソンのファーストアルバムのリリースに漕ぎ着けた。

ハーパーはアメリカ合衆国よりもヨーロッパ、とりわけフランス、ドイツ、スイスで高く評価されている。本国での知名度とは裏腹に、彼は2003年にフランスのローリングストーンズ誌においてアーティスト・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した。

2008年夏にリレントレス7を結成。

2009年5月、ベン・ハーパー&リレントレス7名義で『ホワイト・ライズ・フォー・ダーク・タイムズ』をリリース… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

Last.fm にログイン または 登録 するとシャウトを投稿できます。

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls