プレーヤーをロードしています…

却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

「ミュージック・コンクレート」ならぬ「R&Bコンクレート」…..というのがアクトレスが自身の狂った音楽に付けた呼称である。それは「風変わりな子供のためのネヴァー・エンディング・ストーリー」である。

 アクトレス(女優)という名の人物の本名はダレン・J・カニンガム、女性ではない、なかなかハンサムな黒人男性で〈Werk Discs〉なるレーベルを運営している。ブリクストンを拠点とするこのレーベルは、ゾンビーによるレトロ・レイヴのアルバムを出しかと思えば、アクトレスによるロービット・ハウスないしは奇才スターキーのシングルをリリースするいっぽうで、マシュー・ハーバートやダブリー、あるいはデトロイトのアンソニー・シェイカーらとのイヴェントを企てる。ロンドンの現代美術の拠点〈ICA〉でイヴェントを組むほどだから、ちょっとしたディレッタントなのかもしれない。とにかく〈Werk Discs〉は、ロンドン・アンダーグラウンドにおいてもっともエクスペリメンタルなレーベルのひとつである。

 また、彼の記事を読めば、まざまなジャンル用語やアーティスト名(ダブステップ、ディスコ、レゲエ、エレクトロ・ブギ、R&B、ニュー・ジャック・スウィング……そしてプリンスにアンダーグラウンド・レジスタンス)が飛び交っている。が、しかしアクトレスの音楽はそれらのどれでもない。

 ジェイムス・ブレイクやパリアのソウル・ミュージックが、伝統的なそのフィーリングを活かしつつ、しかし、その音楽は5次元に展開されたマーヴィン・ゲイのような捻れ方をしているように、アクトレスのベース・ミュージックは……、喩えが悪くて申し訳ないが、さながらサイケデリック・ドラッグのやり過ぎで聴覚が狂った状態において聴こえる音像である。変化することを狂わんばかりに望み、すべてのスタイルを受け入れ、それでいてユニークで新しい何かを創造しようとする熱意に導かれたエレクトロニック・ミュージックだ。

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

シャウトボックス

コメントをどうぞ。 Last.fmにログインまたは登録

  • the levantis release "believe" is a must listen for any die hard fan. the song "music hall" actually has some really faint samples of the sour drones from "time" in the background. all the 4 tracks on that release are great!
  • He released his first ep at 15 Oo
  • Ghettoville is so vast, dense and enigmatic... You could easily get "lost" (actress pun anyone?) in that album.
  • RIP is out of this world
  • man oh man, i love this man. maaan.
  • Everyone here check out the Levantis releases if you haven't heard~
  • Ghettoville is sick, why did I sleep on it for so damn long (to be fair, I bought the record and my player's not even working)
  • Lord's Graffiti
  • i'm completely stunned as to how he manages to melt all these different approaches to electronic music into a consistent, brooding, damp and highly engaging whole that sounds totally like him. [2]
  • pure genius

こんなアイテムが聴かれています

注目の記事

API Calls